うぃるるん滞在記

<   2006年 05月 ( 2 )   > この月の画像一覧

-6日目- 闇の依頼②

次の日・・・・

昼間から色々と準備を進める。
さすがに何の準備も無しで敵を迎え撃つほど俺は馬鹿じゃない、とはいいつつも
基本がめんどくさがりな俺はできる限りの準備でしかないが・・・。

「どたどたどたどた・・・・なにやってんだ?うぃるるん」
かぅが疑問の表情を投げかけてくる。
「バーロー、女性に振り向いてもらうための努力は惜しまん!!」
なんていつものように会話をする。 断じて悟られてはならない。

本人が気づかないうちに終わらせる・・・・暗殺もまた然り、だな。
そんなことをしてる内にすぐに夜更けが訪れる。

「さて・・・と、動きだすならそろそろかね」
いつもの服装から仕事用の服に着替える・・・といっても全体的に暗めの色になるだけだが。
ドアノブに手を掛け・・・・ピタリと動きを止めた。

かすかに空いた隙間から外を見る、月の光にわずかに反射しているワイヤーが見える。
「こりゃまた随分と古典的な手法だな・・・・なめられたもんだ」
気にせずドアをいきおいよく開ける――と同時に右から矢が飛んできた。

「はいはい・・・」
ドアを開ける手を持ち替えて右手で軽く、いなした。
キィン!! 夜のゲフェンに鋭い金属音が響く。
「これ別に俺が何かしなくてもかぅなら返り討ちにできるんじゃねーの・・・?」
まぁ・・・念には念をってやつでいいとするか。

それなりに辺りを警戒しながらかぅの家に急ぐ。
途中に罠らしくものもなく、予想していたよりも随分と簡単に目的の家に着いた・・・・。

遠くから暗闇の中を暗視する。
「一人・・・二人・・・三人・・・数だけは揃ってるみたいだな」
さっきの罠を見る限り、一人辺りのコストを減らして頭数だけ揃えた感が容易に汲み取れるが・・・・結局、相手を殺せなきゃ安かろうが高かろうが意味ないってのにねぇ。

「お手並み拝見としますか。」
軽く目を閉じ、気配を消す。足音も消し、己の存在感そのものを希薄にする。

まずは窓から様子を伺っている男、身なりからしてただの荒くれ者だな。
「はい、こんばんわ。そしてさようなら。」
そう言うなり、相手の喉元を殴りつけ、完全に喉を潰す。
相手に仲間を呼ばせない、あとは断末魔の声ってのは意外とうるさいもんだ。

「ゴェ」
声にならない声を発して、いきなりの自分の危機にわけもわからない様子だ。
無言で相手の頚動脈目掛けて――カタールで切り裂く。

「あと・・・二人」
・・・・3部構成のつもりがなんか膨れ上がってきたなぁ・・・がんばれ俺。
[PR]
by will-gurakoro | 2006-05-21 12:54 | 小説

-5日目- 闇の依頼①

今朝も何事もなく、いつものように馬鹿な話を友人としたりして過ごした。
イフリートについたのは日暮れ前、受付嬢へのアプローチをあっさりと避けられ
疲れた体を休めるためにベッドに倒れこむ。

俺がここゲフェンを離れないのには2つ理由がある、一つは友人は多いこと。
もう一つは・・・・。

「・・・・・・ドアの前の奴、なんか用か?」
妙な気配を感じて、目をつぶったままドアに向かって話しかける。
ギィっという音を立てて少しずつドアが開かれた。

黒ずくめの男が中にゆっくりと入ってきた。
「依頼をお願いしたい。ターゲットは写真の男だ」
・・・・これが2つ目の理由、俺の裏の顔は暗殺者だ。依頼さえあれば・・・・誰でも。

「写真を見る前にいっておくが、俺は女子供は殺さない、後報酬は高いぜ?」
「クックック、わかってるよウィルの旦那、アンタじゃなけりゃこの仕事は無理だ」
「ならいい、写真を見せな」

横になったまま写真を受け取り、もう暗くなった外の月明かりに照らす。

―――そこに写っていたのは――かぅだった。

「おや?知り合いか?」
どうやら表情が少し崩れていたらしい、まったくプロがなにやってんだか。
「いや、見たこと無いな。こいつを殺す理由は?」
「聞く必要があるのか?」
「俺は自分がやる仕事は納得したいほうなんでね。」
「クク、人が人を殺したい理由なんて恨み以外あるまい?」

「恨み・・・ねぇ」
「そんなことはどうでもいい、殺ってくれるのか?どうなんだ」
「まぁ、仕事だからな。・・・・・・・と、いいたいとこだがパスだ」

男が椅子から立ち上がる、声には出していないが驚きと怒りの表情が見て取れる。
「ウィルとあろう者が怖気づいたってのか!?」
「もう夜も深い、大きな声をだすんじゃねーよ。ま、どうとでも受け取ってくれ」

「ッチ、この世界で有名な殺し屋がこんな腑抜けだったとはな」
「まぁいいさ、別に殺し屋はあんた一人じゃない」
「俺じゃなきゃ・・・その仕事は無理だぜ?」
「ハハハ、あんまり自分を過大評価するのは考え物さ。この世界は広いのだよ」
そう言葉を吐き捨てて、男は部屋から出て行った。

「――馬鹿だな、俺があいつを殺させないから俺以外じゃ無理なんだよ」
そう呟いて、眠りに落ちた。

依頼主を見てる、ターゲットも分かってる・・・となると当然俺も狙われるな。
やれやれ・・・・メンドクサイことになりそうだ。
[PR]
by will-gurakoro | 2006-05-02 08:59 | 小説



妄想100%の小説をメインに細々と・・・・
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧