うぃるるん滞在記

<   2006年 04月 ( 6 )   > この月の画像一覧

-4日目- 暖かい日差し

「安いよ~」
「ヘイダンナ!!俺の防具はどうだい!?」

鳥のさえずりと正反対に賑やかな商人達の声が聞こえる。
ここはプロンテラ、この世界一番の人口を誇る城下町だ。

普段だとうるさいこの街も気分が落ち込んだときには気楽になれたりする。
かといって俺が落ち込むことなんてハレー彗星並にまれなんだがな。
たまには優しくしてくれたら浮かれる通り越して壊れるぜ?

「さて・・・なんかいい掘り出し物あるかね・・・」
ブラブラ散歩ついでに露天を眺めて見る。
もちろん街行く女の子のチェックも欠かさない

「お、うぃるるん~」
「ヘイマイフレンド!!」
やたら陽気な声が聞こえる・・・・。

b0080564_0133597.jpg

こやつらは「かぅ」と「よぃち」、俺の親友だ。
というか、ここで紹介する人物は全部親友だから紹介するんだが・・・まぁキニシナイ

「なーにしてんだ?またナンパか?」
気さくにヒドイことをいってくるかぅ。
「うぃるるん~最近遊びこないね~あれか?また振られたか?」
すごい陽気にスゴイことを聞いてくるよぃち。

・・・・・揃いもそろってなんつうことを言うかね・・・。
おかしいな、俺は世間一般では紳士で通ってるはずなんだが・・・今度じっくり話し合うか。
言い負かされそうなのは置いといて。

仲良く立っていることからも分かるとおり、こやつらは夫婦だ。
俺の印象じゃ喧嘩をしていることも珍しくないはずなんだが・・・・いつ会っても仲よさそうだ

かぅとよぃちはいつ会ってもなんか楽でいい、いや良い意味でな。
かぅはいつも元気で(小学生みたいな紹介だな)俺が落ち込んだとき、また
かぅが落ち込んだときに互いに相談できる仲だ。

よぃちはこれまた竹を割った性格というか、さっぱりした性格が印象的だ。
一部からは女帝なんて言われて恐れられているらしいが・・・あんまり見えないな。
当然俺にとっても魅力的な女性ではあるんだが・・・いくら俺がバカでも罪悪感と親友の
恨みを買うなんてマネはしない。(後者が特にヤバイ、100回死んでもダメダロウナ)

まぁなんだかんだいって仲良くしてるかぅ達を見るのが俺にとっても楽しかったりするから
この関係をずっと続けていきたいとは思っている。

「別になにもしてね~よ、ちょっと露天ブラついてるだけだ」
「おろ?そうなのか?おかしいなてっきり・・・。」
てっきりなんなんだ・・・・・追求はしないが、たぶん反論できないだろうし。

「うぃるるんこれ買って?」
そんな笑顔で馬鹿デカイ宝石もってこられてもだな・・・。
「無理。その日暮らしの俺にそんな金があるわけなかろーが」
「えー、ほら。そこに闇金融とかあるよ??」
だから満面の笑顔で怖いことをサラリと言ってのけるんじゃない・・・・。
うん、やっぱ女帝かも

そんな他愛も無い会話をしながらプロンテラの城下町を歩く。
共に笑いあいながら今日という時間を過ごしてゆく。
たまにはモンスターなんて見ない静かな一日もいいもんだ。

とても穏やかな一日。 今日はやけに暖かい日差しが気持ち良い。
[PR]
by will-gurakoro | 2006-04-25 00:35 | 小説

報告

OK簡潔に

リンク張りました
[PR]
by will-gurakoro | 2006-04-24 01:24 | その他

ちょいと休止

こんにちは、ウィルです。
俺の小説、どんなもんでしょうか・・・・。(;´д`)

頭の中に思いついたそばから書いていくのでダラダラと長くなってしまってる
印象があるなぁ・・・なんて自己批判。
もうちょっとコンパクトにまとめる文才が欲しいなぁ・・・・。

ネタはいつでも思いつくので、書くのには困らないけど、時間が・・・・ね。
(ゲームしてるときでも寝る前でも仕事中でもね!!)

まぁ、9割自己満足のために書いてますので、暇潰しーにでも読んでみてくださいなw

普段の俺のキャラはこんな小説を書くキャラじゃありませんので、ゲーム内で見かけたら
気軽に声掛けてください。 あまりのギャップに印象を打ち砕かれても困りますが・・・。

これからも、どぞよろしく。ヽ(*´∀`)ノ
   
[PR]
by will-gurakoro | 2006-04-21 00:27 | その他

-3日目- とある夕暮れ

空が紅く染まる頃、太陽が沈んでゆく頃、長い一日が終わる。
一日の終わりはいつだって切なくて、明日に起こる出来事のひと欠片すら見えない。

「くぁ・・・・・。最近眠くなるのが早いな・・・疲れてるんだな」
宿に戻る途中でそんな独り言をつぶやきながら歩いている。

「旅館イフリートへようこそ!」
もう日も暮れ始めたってのに明るい笑顔で受付のお嬢さんが笑いかけてくる。
「ご宿泊ですか?」
「ん~・・・と、そうだな、君の部屋はどこ?」
「またのご来店をお待ちしております」
・・・・・ずいぶん切り返しが早いな・・・・・、まぁ会うたびに言ってりゃそうなるか。
「悪かった、冗談だよ。 ウィルって名前で予約してあるはずだけど」
「はい、承っております。 2階の205号室ですね、ごゆっくりお休みください」

軽く右手で受け取り、階段のほうへ向かって歩き出した。
ふと後ろを振り返ってみれば、さっきのお嬢さんが笑顔でこっちを見送っている。
あれが本気の笑顔ならこっちとしても嬉しいんだがな・・・・。

ふと目を部屋の隅にやると、見覚えのある男が座っていた。

b0080564_031591.jpg


身に着けてる物のせいもあるが・・・・起きてるか寝てるかよくわからんやつだ・・・。
とりあえず声を掛けてみる
「よぉ、カル。 お前もこの旅館だったのか?」
「・・・・・ん?ウィルか、どうした?」
「いや、お前も今日この旅館に泊まるのか?」
「お・・・・?おーそうそう、部屋空いてたからな、まぁ適当に」

この独特のオーラを放ってる男は、「カール・ジュリアヌス・ズポポタマスⅢ世

・・・・ゴメン、冗談だって。 ただの「カール」だ。
カールって呼ぶとどっかのお菓子を思い出すとかよくわからんことを言って怒り出すから
通称は「カル」で通っている。

こいつも古くからの友人の一人だが、あまり一緒に行動をともにすることはない。
気まぐれというか風来坊というか、気がつくといなくなっている、といったことも多々ある
特にやらなくてもいいことはやらない、といった精神の持ち主で、初対面では
寡黙な印象を受ける人も多いだろう。

しかし、こいつの戦闘能力は並の比ではない。
自らの全魔力を拳に乗せる術をもっているこいつは、冗談じゃなく「一撃必殺」が可能だ。
全力を出しすぎると3分ほど体がまともに動けなくなるという副作用がネックだ。
・・・・・ウル○ラマンかお前は。

「ん~で、部屋もとったのにこんなとこでなにしてんだ?カル」
「・・・・・・・・」
「カル?」
「ZZZzzz・・・・・」
まぁ・・・・こういう奴だ、付き合いも長いからな、こんなことで驚いてたら体が持ちやしない。

「やれやれ・・・・風邪ひくなよ」
そう一言だけ残して自分の部屋に向かう。 部屋まで連れて行かない所に俺の優しさが溢れてるな、そう思わないか?

「ふぁ~~ぁ、俺も寝るとするか」
無造作に倒れこむと、布団の柔らかさが疲れた体に心地良い。
ちょうど外を見ると太陽も地平線に消えていくところだった。

無数に過ぎ行く日々、迎える日々。 そんな日々のとある夕暮れ。


「むにゃむにゃ・・・、うぅ・・・う゛ぅ・・・・まだ二人目・・・・」
[PR]
by will-gurakoro | 2006-04-20 01:15 | 小説

-2日目- 平穏な日々

ここは、ガルム。 数ある世界の中の一つだ。
人口は少ないが、その分人付き合いが楽でいい。
もっとも、中には会いたくない奴もいるんだろうが、たいして気にもならない。

「・・・・・・・」
ただボーっと空を見つめてみる、こんな何気ない時間を過ごすのが好きだ。
耳を澄ませば、風のざわめきや鳥の声が聞こえてくる。 こんな時間も俺にとっては大切だ。

「お、ウィッス。なにしてんだそんなとこで」
・・・・聞きなれた声が半ば眠りかけた俺の意識を現実に戻す。
「なんだキースか、今心の洗濯中だ」
「ハハ、少しは汚れがとれたか?」

b0080564_073729.jpg


こいつは、「キース」 俺の友人の中でも古株にあたる。
ブロンドの髪をなびかせて一見華奢な印象のこいつは、弓の名手だ。

彼曰く、「俺に射抜けないものはない。」らしい
ほぼ間違いでもないところが恐ろしい・・・。
こいつの標的になったモンスターが哀れにすら思える時もあるってもんだ。

「あれ?ファルコンはどうした?」
「ん、たぶんどっかそこらへんを飛び回ってるんじゃねーかな」
「ハハ、翼をもってるってのは自由でいいやね」

ファルコンはキースの相棒の鷹のことだ。(前に名前も聞いたんだが・・・覚えてないな)
以前森でモンスターと間違えて打ち落として怪我をさせてしまったらしく、治るまで看病してやったらなついたらしい。
今では軽い意思疎通まで可能だそうな、羨ましいこった。

「ん~・・・どうしたもんかね」
「ん?なんか悩みでもあるのかウィル?」
「いやね・・・・・。」


「一日一人ペースじゃねーと無理だな、と」


「????なんだそれ」
「いや、天の(筆者の)声だ、気にするな」
頭をかしげるキースをよそ目に、またゴロリと寝転ぶ。

今日もガルムの空は透き通るほどに青い。 平穏な日々ってやつだ。
[PR]
by will-gurakoro | 2006-04-19 00:24 | 小説

-1日目- 自己紹介

よぉ、俺の名前は「ウィル・コルケス」
フルネームは嫌いだから気楽にウィルでいい。

これからラグナロクの世界や日常のなんでもないことを小説風にブログにしてみたいと思う。
短い付き合いかもしれないが、よろしく。

長い付き合いになる(かもしれない)方へ
このブログは作者の妄想と幻想と夢と希望で溢れています。
稚拙な文章や、意味のない文章が無駄に続く恐れがありますので、興味のない方
もしくは不快感を覚えた方は即座にページを閉じることをオススメします。

とりあえずリンクフリーです。



それで一日のアクセス数が減った等の苦情は受け付けませんのでご了承ください。
[PR]
by will-gurakoro | 2006-04-18 00:39



妄想100%の小説をメインに細々と・・・・
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧