うぃるるん滞在記

フゥーハハー戦場は地獄だぜ!

えーっと・・・一年以上ぶりです、ウィルです。
はっきりいって存在自体が誰が得するかわからないこのブログ
ネタを思いついたら更新していきますので、見つけたらすぐに閉じてください。

最近・・・でもないな、3ヶ月前ぐらいからAVAというFPSをちょこちょこ
やっております。
大分腕前も上達してきて、クランメンバーも多くなってきたので
勝手に(クラマスには了解を得ましたがw)紹介していきます。

ここから戦場
[PR]
# by will-gurakoro | 2009-02-15 18:21 | AVA

GW終了ですね。と

GW終わってしまいましたーね。
俺も気分を一新して、トラックバックの削除を行いました(意味不

さてさて、小説も大分進んでまいりましたね!!
もちろん反論は認めません。 こんなことしてると本当に小説本とか出版してる人を尊敬します。

あまり個人的な事を書かないようにしているのでGWの思い出が聞きたい人は直接本人までよろしくお願いいたします。 連絡先とか書きませんががが
がんばって時間見つけて書くようにするかー・・・・気が重い(´・ω・)

そろそろ俺が所属してる某ギルドの方々も小説に登場させようと思ってるので
ネタにされる覚悟と自分がまったく違う人物に仕立て上げられる覚悟と
あんまり活躍もしなくても泣かない覚悟をしといてください^-^
要望もあったんでキャラ紹介とかもしたほうがいいのかねー?とか悩み中。


したらばこの辺で~
[PR]
# by will-gurakoro | 2007-05-07 17:34 | その他

-7日目- 闇の依頼③

「・・・・・・?」
「あれ?俺なにしてたんだっけな」
暗闇の中でふと呟く、何故かここ最近の記憶がやけに遠い気がする
「・・・・・あぁ、馬鹿の掃除の途中だったな」
チラリと、屋根のほうに目を向け、気を入れなおして屋根に飛び移る

着地の音も立てずに屋根で様子を伺っている男に忍び寄っていく
「(つーかなんで屋根から様子を伺う必要が・・・?忍者かおまいは)」

「動くな」
一言だけ言い放ち、男の喉下にカタールを突きつける
数㎝動かすだけで絶命できるのは容易に想像できたようだ、男はピクリとも動かない

「さて・・・とりあえず依頼主の名前を聞いておこうか」
元を潰さないと意味がないからな、直接断っておかなければ
「へ、へへへ、それは知らねぇ。この家業やってるならそれはわかってるだろ?」
口元に若干笑みを浮かべながら男はそう言った

「そうか、んじゃサヨナラだな」
手がかり無しで探すのは面倒だな、と頭で思いつつ手に力を込める
「だが・・・」 と、男は話を続けていたので刃を止めた
「手紙についていた烙印は丘の上の貴族の物だったな」

小高い丘の方を見ると、いつのまにか城のような物が建っていた
普段下町で生活している者には貴族なんて関係のない話で、知らないうちに
別荘を建てていても別に不思議ではない
ますますあいつが命を狙われる理由がわからんが・・・・

「ッ!!」
太ももに急激に痛みが走り、手の力が緩んだ隙に男が刃を振りほどく
大した使い手がいないと油断したようだ、なにか針のような物を刺されたらしい
「ははは!そいつには神経毒を塗ってあるんだ!あと数秒もすれば動けなくなるぜ!」

「あー・・・なるほど、たしかに」
すぐさま立ち上がり、男に向かって走り出す
「・・・・は?」
素っ頓狂な声を上げた瞬間、男の首は胴体から切り離された

宙に舞う首を受け止め、脱力する体を支える
「毒を扱うなら覚えとけ、解毒できない毒なんて早々手に入るもんじゃないんだよ」
といってもまぁ、数秒も手こずりそうもないが・・・・。 どの道もう聞こえてないか

貴族ねぇ、もっと安全な道楽でも見つければいいものを
適当に死体を片付けると、丘に向かって走り出した。
今夜のうちに片をつけるとしようか

うん、3部じゃ無理^-^
[PR]
# by will-gurakoro | 2007-04-07 20:11 | 小説

お久しぶりすぎます

ん~っと・・・・最後の更新いつだっけな(・∀・;)
いやいや、ずっと忙しかったんだよ!!もう年も明けて2007年だけどな!!

自分でブログ立てといてこれじゃあんまりだーね・・・。
まぁこれからも細々とやっていきますので、よろしく(つーか見てる人いんのかこれ?

目標は一年で12回更新!!!!
・・・・ダメっすか?ダメですよね・・・orz
[PR]
# by will-gurakoro | 2007-02-03 03:44 | その他

-6日目- 闇の依頼②

次の日・・・・

昼間から色々と準備を進める。
さすがに何の準備も無しで敵を迎え撃つほど俺は馬鹿じゃない、とはいいつつも
基本がめんどくさがりな俺はできる限りの準備でしかないが・・・。

「どたどたどたどた・・・・なにやってんだ?うぃるるん」
かぅが疑問の表情を投げかけてくる。
「バーロー、女性に振り向いてもらうための努力は惜しまん!!」
なんていつものように会話をする。 断じて悟られてはならない。

本人が気づかないうちに終わらせる・・・・暗殺もまた然り、だな。
そんなことをしてる内にすぐに夜更けが訪れる。

「さて・・・と、動きだすならそろそろかね」
いつもの服装から仕事用の服に着替える・・・といっても全体的に暗めの色になるだけだが。
ドアノブに手を掛け・・・・ピタリと動きを止めた。

かすかに空いた隙間から外を見る、月の光にわずかに反射しているワイヤーが見える。
「こりゃまた随分と古典的な手法だな・・・・なめられたもんだ」
気にせずドアをいきおいよく開ける――と同時に右から矢が飛んできた。

「はいはい・・・」
ドアを開ける手を持ち替えて右手で軽く、いなした。
キィン!! 夜のゲフェンに鋭い金属音が響く。
「これ別に俺が何かしなくてもかぅなら返り討ちにできるんじゃねーの・・・?」
まぁ・・・念には念をってやつでいいとするか。

それなりに辺りを警戒しながらかぅの家に急ぐ。
途中に罠らしくものもなく、予想していたよりも随分と簡単に目的の家に着いた・・・・。

遠くから暗闇の中を暗視する。
「一人・・・二人・・・三人・・・数だけは揃ってるみたいだな」
さっきの罠を見る限り、一人辺りのコストを減らして頭数だけ揃えた感が容易に汲み取れるが・・・・結局、相手を殺せなきゃ安かろうが高かろうが意味ないってのにねぇ。

「お手並み拝見としますか。」
軽く目を閉じ、気配を消す。足音も消し、己の存在感そのものを希薄にする。

まずは窓から様子を伺っている男、身なりからしてただの荒くれ者だな。
「はい、こんばんわ。そしてさようなら。」
そう言うなり、相手の喉元を殴りつけ、完全に喉を潰す。
相手に仲間を呼ばせない、あとは断末魔の声ってのは意外とうるさいもんだ。

「ゴェ」
声にならない声を発して、いきなりの自分の危機にわけもわからない様子だ。
無言で相手の頚動脈目掛けて――カタールで切り裂く。

「あと・・・二人」
・・・・3部構成のつもりがなんか膨れ上がってきたなぁ・・・がんばれ俺。
[PR]
# by will-gurakoro | 2006-05-21 12:54 | 小説

-5日目- 闇の依頼①

今朝も何事もなく、いつものように馬鹿な話を友人としたりして過ごした。
イフリートについたのは日暮れ前、受付嬢へのアプローチをあっさりと避けられ
疲れた体を休めるためにベッドに倒れこむ。

俺がここゲフェンを離れないのには2つ理由がある、一つは友人は多いこと。
もう一つは・・・・。

「・・・・・・ドアの前の奴、なんか用か?」
妙な気配を感じて、目をつぶったままドアに向かって話しかける。
ギィっという音を立てて少しずつドアが開かれた。

黒ずくめの男が中にゆっくりと入ってきた。
「依頼をお願いしたい。ターゲットは写真の男だ」
・・・・これが2つ目の理由、俺の裏の顔は暗殺者だ。依頼さえあれば・・・・誰でも。

「写真を見る前にいっておくが、俺は女子供は殺さない、後報酬は高いぜ?」
「クックック、わかってるよウィルの旦那、アンタじゃなけりゃこの仕事は無理だ」
「ならいい、写真を見せな」

横になったまま写真を受け取り、もう暗くなった外の月明かりに照らす。

―――そこに写っていたのは――かぅだった。

「おや?知り合いか?」
どうやら表情が少し崩れていたらしい、まったくプロがなにやってんだか。
「いや、見たこと無いな。こいつを殺す理由は?」
「聞く必要があるのか?」
「俺は自分がやる仕事は納得したいほうなんでね。」
「クク、人が人を殺したい理由なんて恨み以外あるまい?」

「恨み・・・ねぇ」
「そんなことはどうでもいい、殺ってくれるのか?どうなんだ」
「まぁ、仕事だからな。・・・・・・・と、いいたいとこだがパスだ」

男が椅子から立ち上がる、声には出していないが驚きと怒りの表情が見て取れる。
「ウィルとあろう者が怖気づいたってのか!?」
「もう夜も深い、大きな声をだすんじゃねーよ。ま、どうとでも受け取ってくれ」

「ッチ、この世界で有名な殺し屋がこんな腑抜けだったとはな」
「まぁいいさ、別に殺し屋はあんた一人じゃない」
「俺じゃなきゃ・・・その仕事は無理だぜ?」
「ハハハ、あんまり自分を過大評価するのは考え物さ。この世界は広いのだよ」
そう言葉を吐き捨てて、男は部屋から出て行った。

「――馬鹿だな、俺があいつを殺させないから俺以外じゃ無理なんだよ」
そう呟いて、眠りに落ちた。

依頼主を見てる、ターゲットも分かってる・・・となると当然俺も狙われるな。
やれやれ・・・・メンドクサイことになりそうだ。
[PR]
# by will-gurakoro | 2006-05-02 08:59 | 小説

-4日目- 暖かい日差し

「安いよ~」
「ヘイダンナ!!俺の防具はどうだい!?」

鳥のさえずりと正反対に賑やかな商人達の声が聞こえる。
ここはプロンテラ、この世界一番の人口を誇る城下町だ。

普段だとうるさいこの街も気分が落ち込んだときには気楽になれたりする。
かといって俺が落ち込むことなんてハレー彗星並にまれなんだがな。
たまには優しくしてくれたら浮かれる通り越して壊れるぜ?

「さて・・・なんかいい掘り出し物あるかね・・・」
ブラブラ散歩ついでに露天を眺めて見る。
もちろん街行く女の子のチェックも欠かさない

「お、うぃるるん~」
「ヘイマイフレンド!!」
やたら陽気な声が聞こえる・・・・。

b0080564_0133597.jpg

こやつらは「かぅ」と「よぃち」、俺の親友だ。
というか、ここで紹介する人物は全部親友だから紹介するんだが・・・まぁキニシナイ

「なーにしてんだ?またナンパか?」
気さくにヒドイことをいってくるかぅ。
「うぃるるん~最近遊びこないね~あれか?また振られたか?」
すごい陽気にスゴイことを聞いてくるよぃち。

・・・・・揃いもそろってなんつうことを言うかね・・・。
おかしいな、俺は世間一般では紳士で通ってるはずなんだが・・・今度じっくり話し合うか。
言い負かされそうなのは置いといて。

仲良く立っていることからも分かるとおり、こやつらは夫婦だ。
俺の印象じゃ喧嘩をしていることも珍しくないはずなんだが・・・・いつ会っても仲よさそうだ

かぅとよぃちはいつ会ってもなんか楽でいい、いや良い意味でな。
かぅはいつも元気で(小学生みたいな紹介だな)俺が落ち込んだとき、また
かぅが落ち込んだときに互いに相談できる仲だ。

よぃちはこれまた竹を割った性格というか、さっぱりした性格が印象的だ。
一部からは女帝なんて言われて恐れられているらしいが・・・あんまり見えないな。
当然俺にとっても魅力的な女性ではあるんだが・・・いくら俺がバカでも罪悪感と親友の
恨みを買うなんてマネはしない。(後者が特にヤバイ、100回死んでもダメダロウナ)

まぁなんだかんだいって仲良くしてるかぅ達を見るのが俺にとっても楽しかったりするから
この関係をずっと続けていきたいとは思っている。

「別になにもしてね~よ、ちょっと露天ブラついてるだけだ」
「おろ?そうなのか?おかしいなてっきり・・・。」
てっきりなんなんだ・・・・・追求はしないが、たぶん反論できないだろうし。

「うぃるるんこれ買って?」
そんな笑顔で馬鹿デカイ宝石もってこられてもだな・・・。
「無理。その日暮らしの俺にそんな金があるわけなかろーが」
「えー、ほら。そこに闇金融とかあるよ??」
だから満面の笑顔で怖いことをサラリと言ってのけるんじゃない・・・・。
うん、やっぱ女帝かも

そんな他愛も無い会話をしながらプロンテラの城下町を歩く。
共に笑いあいながら今日という時間を過ごしてゆく。
たまにはモンスターなんて見ない静かな一日もいいもんだ。

とても穏やかな一日。 今日はやけに暖かい日差しが気持ち良い。
[PR]
# by will-gurakoro | 2006-04-25 00:35 | 小説

報告

OK簡潔に

リンク張りました
[PR]
# by will-gurakoro | 2006-04-24 01:24 | その他

ちょいと休止

こんにちは、ウィルです。
俺の小説、どんなもんでしょうか・・・・。(;´д`)

頭の中に思いついたそばから書いていくのでダラダラと長くなってしまってる
印象があるなぁ・・・なんて自己批判。
もうちょっとコンパクトにまとめる文才が欲しいなぁ・・・・。

ネタはいつでも思いつくので、書くのには困らないけど、時間が・・・・ね。
(ゲームしてるときでも寝る前でも仕事中でもね!!)

まぁ、9割自己満足のために書いてますので、暇潰しーにでも読んでみてくださいなw

普段の俺のキャラはこんな小説を書くキャラじゃありませんので、ゲーム内で見かけたら
気軽に声掛けてください。 あまりのギャップに印象を打ち砕かれても困りますが・・・。

これからも、どぞよろしく。ヽ(*´∀`)ノ
   
[PR]
# by will-gurakoro | 2006-04-21 00:27 | その他

-3日目- とある夕暮れ

空が紅く染まる頃、太陽が沈んでゆく頃、長い一日が終わる。
一日の終わりはいつだって切なくて、明日に起こる出来事のひと欠片すら見えない。

「くぁ・・・・・。最近眠くなるのが早いな・・・疲れてるんだな」
宿に戻る途中でそんな独り言をつぶやきながら歩いている。

「旅館イフリートへようこそ!」
もう日も暮れ始めたってのに明るい笑顔で受付のお嬢さんが笑いかけてくる。
「ご宿泊ですか?」
「ん~・・・と、そうだな、君の部屋はどこ?」
「またのご来店をお待ちしております」
・・・・・ずいぶん切り返しが早いな・・・・・、まぁ会うたびに言ってりゃそうなるか。
「悪かった、冗談だよ。 ウィルって名前で予約してあるはずだけど」
「はい、承っております。 2階の205号室ですね、ごゆっくりお休みください」

軽く右手で受け取り、階段のほうへ向かって歩き出した。
ふと後ろを振り返ってみれば、さっきのお嬢さんが笑顔でこっちを見送っている。
あれが本気の笑顔ならこっちとしても嬉しいんだがな・・・・。

ふと目を部屋の隅にやると、見覚えのある男が座っていた。

b0080564_031591.jpg


身に着けてる物のせいもあるが・・・・起きてるか寝てるかよくわからんやつだ・・・。
とりあえず声を掛けてみる
「よぉ、カル。 お前もこの旅館だったのか?」
「・・・・・ん?ウィルか、どうした?」
「いや、お前も今日この旅館に泊まるのか?」
「お・・・・?おーそうそう、部屋空いてたからな、まぁ適当に」

この独特のオーラを放ってる男は、「カール・ジュリアヌス・ズポポタマスⅢ世

・・・・ゴメン、冗談だって。 ただの「カール」だ。
カールって呼ぶとどっかのお菓子を思い出すとかよくわからんことを言って怒り出すから
通称は「カル」で通っている。

こいつも古くからの友人の一人だが、あまり一緒に行動をともにすることはない。
気まぐれというか風来坊というか、気がつくといなくなっている、といったことも多々ある
特にやらなくてもいいことはやらない、といった精神の持ち主で、初対面では
寡黙な印象を受ける人も多いだろう。

しかし、こいつの戦闘能力は並の比ではない。
自らの全魔力を拳に乗せる術をもっているこいつは、冗談じゃなく「一撃必殺」が可能だ。
全力を出しすぎると3分ほど体がまともに動けなくなるという副作用がネックだ。
・・・・・ウル○ラマンかお前は。

「ん~で、部屋もとったのにこんなとこでなにしてんだ?カル」
「・・・・・・・・」
「カル?」
「ZZZzzz・・・・・」
まぁ・・・・こういう奴だ、付き合いも長いからな、こんなことで驚いてたら体が持ちやしない。

「やれやれ・・・・風邪ひくなよ」
そう一言だけ残して自分の部屋に向かう。 部屋まで連れて行かない所に俺の優しさが溢れてるな、そう思わないか?

「ふぁ~~ぁ、俺も寝るとするか」
無造作に倒れこむと、布団の柔らかさが疲れた体に心地良い。
ちょうど外を見ると太陽も地平線に消えていくところだった。

無数に過ぎ行く日々、迎える日々。 そんな日々のとある夕暮れ。


「むにゃむにゃ・・・、うぅ・・・う゛ぅ・・・・まだ二人目・・・・」
[PR]
# by will-gurakoro | 2006-04-20 01:15 | 小説



妄想100%の小説をメインに細々と・・・・
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧